外壁塗装トップイメージ






スペシャルコンテンツ:働く男たち

お問い合わせ

見出し

塗装がはがれる原因

塗膜の付着力が低下すると剥がれの原因となります。 また、剥がれ落ちた部分から雨水が浸入して塗膜が徐々に剥がれていきます。

なぜ塗り替えが必要か?

既に塗料が塗られているのに必要な理由とは何でしょう。
それは建物自体と塗料の 耐用年数が異なるからです。
例えば日本の住宅の耐用年数は統計によると約 30 年 と言われています。それと比較して外壁用の塗料の場合、7 年から長くても 15 年 が限界となります。そのため住宅の一生の間に 2〜3 回の塗り替えが必要になるのです。

塗料の種類と耐用年数

塗料の中に含まれている樹脂の違いによって耐用年数が変わってきます。
主なものではフッ素樹脂塗料(約12〜15年)→シリコン樹脂塗料(約10〜12年)→ウレタン樹脂塗料(約8〜10年)→アクリル樹脂塗料(約6〜8年)です。

塗料の構成

塗料には色づけをする働きの『顔料』、塗膜の性能を決定する『樹脂』、
塗料の性能を向上させる『添加剤』、樹脂を溶かしたりする働きの『溶剤』から構成されています。

塗装の機能

塗装にはさまざまな機能があります。
例えば弾性。弾性がある事によって下地のひび割れを塗膜の表面で食い止めます。また、雨だれによる汚れがつきにくくなる 低汚染性、湿気を放出する透湿性という機能もあります。

塗料が塗膜になる仕組み

水やシンナーが蒸発して塗膜が固まる物、空気中の酸素と反応して固まる物、主材と硬化剤を混ぜて固まる物があります。

塗料工事における下地補修の重要性

塗替え工事では劣化した塗膜を含めた下地補修が重要になります。
どんなに高性能な材料を塗ったとしても下地補修をしっかりと行わないと
すぐに剥がれてしまったり、下地のテスクチャーが見えてしまったりします。
塗装工事は女性の化粧の工程とよく似ております。
1.洗顔-高圧洗浄 2.化粧水や乳液-下地処理
3.ファンデーション-下塗り 4.チークやアイシャドウ-上塗り